Serena
社長紹介

日系ブラジル二世である田中世礼奈社長はブラジルのサンパウロ市にて数々の会社を経営し、1983年に日本へ渡る。

ブラジル民芸品や宝石の輸入会社に数年勤務後、豊かな経営経験と語学力を生かし、 1986年に独立し、株式会社セレナを設立。

男性社会の傾向性がまだ強い日本で、女性としての独立は決して簡単な選択ではなかった。

しかし自身の豊富な経験と男性顔負けのバイタリティーを生かし、田中社長は数々の困難を乗り越え、多くのお客様に愛されるセレナショップを開店するまでになりました。

世界中の色石を扱うセレナショップでは、どこよりも安く、また最高の品質のものを提供しています。これも世界各国の鉱山を訪ねがら情報収集に努め、特にブラジル各卸業者社長や鉱山主の方々との深い友情で結ばれた田中社長の人徳によるものです。

1996年にメンバーとなった
ICA(国際カラージェムストーン協会)でも、日本アンバサダーに選出されるなど、世界的にも多くの信頼を得ています。

経営の傍ら二人の子供を育て上げ、定年間近である現在は、大好きな海外旅行と趣味のゴルフに没頭する日々を送りながら、今もなお株式会社セレナにとってなくてはならない存在です。